レーザー脱毛とはどんな脱毛方法?

レーザー脱毛は医療機関で受けられる脱毛方法です。レーザー脱毛は医療行為になるので、医療機関でしか受けられません。サロンで受けられるものや家庭用のレーダー脱毛器もありますが、医療機関で受けられるものに比べると出力が低く、脱毛効果が低いです。

 

レーザー脱毛は毛の黒い色に反応する波長の光を利用した脱毛方法です。
肌に照射すると毛の色素に反応して熱のエネルギーが吸収されて、毛乳頭が破壊されます。毛を作っている毛母細胞に栄養を送る毛乳頭を破壊することで、毛母細胞の成長をストップさせます。

 

レーザー脱毛は毛周期に合わせて行います。全身には成長期・退行期・休止期の毛が存在していて、レーザー脱毛で脱毛できるのは成長期の毛です。1〜2か月ほどで毛が伸びてくるので、そのタイミングで何度か脱毛を受けます。

 

ワキ脱毛だったら4〜5回ほどで効果を実感できます。黒い色素に反応させるので、色が薄い薄毛は効果が表れにくく、6〜8回程度通う必要があります。脱毛サロンの脱毛法に比べて出力が高いので、サロンよりも通う回数が少なくてよいです。

 

熱が発生するため、個人差がありますが強い痛みを感じます。痛みを軽減するために冷やしたり、痛みが少ないマシンを使用するなど、なるべく痛くないように工夫されています。

 

町田で葬儀なら東武セレモニー